*

ネット

20代なのに生え際後退。危機感が

その日はいつものように目覚まし時計のチリリリという耳障りな音で目を覚まし、目覚ましを黙らせて洗面所に行ってヒゲを剃り、フツーに出社。

何の変化も無い一日が始まるはずでした。

しかし、洗面台にむかって鏡を見てギョッとしました。

なんと生え際が後退しているではありませんか。最初は何かの気のせいだと思うことにしましたが、不安になったので布団の周りを見てみると、無数の抜け毛が。

某映画俳優が若くしてハゲてしまったとの話を雑誌で目にしたあとだったので、かなりショックでした。

しかも私はまだ20代。

生え際後退とか抜け毛とは無関係のはず。

ていうか20代でってヤバイよ。

何かの間違いだよ。認めたくなかったので家族に何となく、なんの気なしな雰囲気で「なあ、俺の髪の毛交代してるように見える?」と聞くと、食卓に揃った家族全員が「うん」と。

さらに妹からは育毛剤を勧められる始末。

男のプライドがズタズタです。

トホホ。

後に床屋に行って髪の毛を切った時に店員さん(顔なじみ)に「どう?生え際後退してなかった?」と聞いたところ、「あー、兄ちゃんの気持ちはわかるけど、確実に後退してるね。

」と。

しかし育毛剤を20代にて使うのは正直抵抗があります。

なんてことを家族に話したら、「プライド捨てなよ」と。

頭もハゲて心までハゲそうでした。

ちなみに現在某社の育毛剤を使っています。

プライドはどこかに置き忘れました。

みんなの抜け毛の悩みダイジェスト

テスト

テスト記事です。