*

スプレッド勝負

「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を売買して利益を生み出す投資です。

 

価格は、常時変化しています。

 

これがレートです。

 

ニュースサイトを見ていると、外貨のマーケットの情報が流れることがあります。

 

よくあるのが「今日の為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを言い表しています。

 

別の表現をすると売り買いには買値と売値の2つの価格が存在します。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと表しているFX業者もあったりします。

 

普段は買値よりも売値が安く設定されるものです。

 

私達が買うときには高く、売るときには安くなります。

 

この差額をスプレッドといいFX業者の収入とされています。

 

スプレッド幅は業者によって異なります。

 

スプレッドの差はみなさんにとって経費になるので低い取引会社を選択するほうが有益です。

 

ただ、同じ業者でも場面によってスプレッドの幅は大きくなったり小さくなったりします。

 

例えば通常時はドルと円のペアで1銭のスプレッドの差であるとしてもレートの変動がかなり大きいときには3銭、4銭になったりする場合があります。

 

という訳で、スプレッドが狭いのと同時に安定している事が大切です。

 

この頃では動かないスプレッドを提示するFX会社もいくつも存在しています。

 

実際にFX取引会社の注文画面の中でマーケットを調べなければ判別できないので手間がかかりますが必要な事です。

 

大切な財産を預けてエントリーをするのだから、現実の取引の前に関心があるFX会社の新しい口座開設をいくつもしてスプレッドの差を確かめましょう。

 

同じペアでも、そのときの相場の条件によって外貨のスプレッドは異なる場合があります。

 

通常、インターバンクで取引高が多い外貨ではスプレッドが狭く残りのペアでは広がる事がよくあります。

 



コメントする